イラストの仕事

伊勢丹府中店の「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」という閉店セールのメインビジュアルと伊勢丹通信という広告のイラストを担当させて頂きました。


僕は美術家として毎年自分の作品を発表していますが、イラストレーターとして仕事を引き受けた経験はわずかです。

今回の話は伊勢丹府中店20周年のお祝いセールの時に描いた絵を気に入って下さった事から頂きました。


前回は一枚絵のようなものだったので1度描き上げて終わりでしたが、今回は伊勢丹府中店の建物のイラストをメインに、第4弾まであるセールに合わせ府中の街やイベントのイメージを入れて展開していくというものでした。


今まで描いたことのないモチーフばかりだし、

クライアントがイメージするものにある程度近づけなくてはいけません。そして何よりお客様にキチンと伝わるものにしなければならないので僕が引き受けて大丈夫かなと少し悩みましたが、店長さんや従業員さん達の閉店セールへの熱い思いを聞いて是非参加させて頂きたいと思いました。


参加を決めたからにはこれは描けませんあれは描けませんなどとは言えません。

相手が望むものでありながら自分の絵として納得出来るもの。それを常に意識しました。

そして覚悟を決めて「えいっ!」と描きました。


セールは先週7月17日(水)からスタートしたのですが、

お店の方々やそのお客様達から良い反応を頂いているとのことでホッとしました。

セールそのものも絶好調ということでとても良かったです。


先日の土曜日に早速伊勢丹府中店に行って来たのですが、お店の色々なところに自分の描いたイラストがあり興奮しました。

それとメインビジュアルの前で写真を撮る人を見た時は、色々な人の思いが乗ったものなのでとても嬉しかったです。


僕はこのプロジェクトに5月下旬から参加しました。

いま第4弾のイラストを描いているので僕の仕事はそろそろ終わりを迎えていますが、セールは始まったばかりです。

このまま9月30日の最終日まで良い感じで進んで行くことを心よりお祈りしております。


伊勢丹府中店の「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」を皆様どうぞよろしくお願い致します!


伊勢丹府中店

https://my.ebook5.net/isetanmitsukoshi/fuchu0724/



続きを読む 0 コメント

グループ展無事に終了しました。

西邑画廊さんでのグループ展「異形のものたち」が無事に終了しました。

会期中あまり在廊出来ませんでしたが、新しい出会いもあり良かったです。
そしてお客様や画廊のスタッフの方々、作家さん達と色々なお話が出来てとても勉強になったし楽しかったです。
今回学んだことを活かせるよう努力しようと思います。

そして展示をする度に色々な人達に支えられて活動が出来ているんだなと感謝の気持ちでいっぱいになります。
皆さまありがとうございます。

さて次の展示も迫っているし、ご注文を頂いている作品もあるのでなかなか気は休まりませんが、良い作品が出来るよう楽しく制作に向かいたいと思います。


では!

続きを読む 0 コメント

展覧会のお知らせ

西邑画廊東京支店での展覧会「異形のものたち」に参加します。

独特の世界観を持つ五名の作家による不思議な空間を楽しんで頂けると思います。

私は小作品数点とM50号(1,167×727mm)一点を展示する予定です。

お時間ございましたら、ご高覧を賜りますようお願い申し上げます。


ー異形のものたちー

2019年3月11日(月)~24日(日)会期中無休

開廊時間 10時~18時

出品作家 

霜鳥忍/柏木菜々子/竹原美也子/山下まゆみ/西谷拓磨


西邑画廊

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-10-5 花長ビル1階

http://nishimura-garo.com/

TEL.03-3278-1420 FAX.03-3278-1517

続きを読む 0 コメント

今年もよろしくお願いします。

書かなきゃと思いながらも年々ブログの更新が少なくなってきている。

読んで下さってる方々すみません。


新年一発目ということで今年の目標を書こうと思います。

それはずばり「次の個展では今までとは違ったもの、違ったことを発表する」です。


動物をモチーフにした作品はもう17、8年やってきたし、技法的にはこの4、5年絵の具を盛る作業をメインに発表してきました。

次の個展ではそれらから一度離れようと思います。


絵の具を盛る作風でようやく作品が少しずつだが人に認めてもらえるようになってきたので、もったいない気もするし怖さもあるのだが、作品が上手くなってきたことや過程を上手くこなす自分がなんだか嫌になってきてしまった。


上手く形にしたい自分と思いっきりぶち壊してやりたい自分が常にいる。

こう言葉にすると上手くやる自分が「善」で、ぶち壊す自分が「悪」という感じに見えてくるから不思議だ。

そしてどちらか一方を選ばなきゃいけないような気がしてくる。(そして選ぶとすれば正しく思える善が多い。悪は間違っているように思えるし、胸も痛む。)


でも僕は「善」「悪」などどちらかを選ぶその前の段階が気になっているのだ。

身体は1つなのに上手くやりたい自分とぶち壊したい自分の2人の自分が僕の頭の中にいる。

いつだって2人の自分が会話をしてどうするかを決めているのだ。

もっと詳しく言えば上手くやりたい自分の中にも無数の僕がいて、ぶち壊したい自分の中にも無数の僕がいる。

無数の小さな僕が、2人の僕を作り、2人の僕が僕の身体という1番大きな僕を動かす。そんな気がしている。


そしてバランス良くやろうと2人の僕が結論を出した。

ぶち壊したい僕も制作がしたいのだ。


なので次の個展ではぶち壊したい僕にその機会を与えることにした。

そしてグループ展は今まで通り上手くやりたい僕に任せることに。


ということで僕は僕がやりたい事を全部やることになった。


今年も大変そうだ。

というか先月からその同時進行をはじめたので既に大変だ。

1番大きな僕は新年早々疲れているが2人の僕はとても楽しんでいる。


そして皆さま、こんなブログにお付き合い頂きありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


0 コメント

グループ展に参加します

続きを読む

よくある話

描きたいのに何を描きたいのか分からない。

食べたいのに何を食べたいのか分からない。

見たいのに何を見たいのか分からない。

本の読み方を忘れた。

鉛筆の使い方を忘れた。

仕事を忘れた。

眠り方を忘れた。

ポキン、カキン、ズキン、トントン。

ポキン、カキン、ズキン、トントン。

ポキン、カキン、トン?

頭からキノコが生えた。

眼から釘がこぼれ落ちた。

右耳からビュッと墨が吹きでた。

胴体がパンダになった。

腕がクラゲになり、
足は910×15×30mmにカットされ1本380円で売られた。


・・・もう少し書きたいところだが、
これ以上何を書きたいか分からないので、
この辺で失礼。

では。

ん?

あっ。

・・やっぱり忘れた。


















異次元カフェ

0 コメント

game is over


少年は部屋でゲームをしていた。

始め方と遊び方は知っていたが、
少年はゲームの止め方を知らなかった。

隣でゲームをしている母親にそれを尋ねようと思ったが、母親が夢中になってる姿を見ると自分ももっとやらねばと思った。

母親も始め方と遊び方は知っていたが、
ゲームの止め方を知らなかった。

隣でゲームをしている夫にそれを尋ねようと思ったが、夫が夢中になってる姿を見ると自分ももっとやらねばと思った。

夫も始め方と遊び方は知っていたが、
ゲームの止め方を知らなかった。

隣りでゲームをしている妻か息子にそれを尋ねようと思ったが、妻子が夢中になってる姿を見ると自分ももっとやらねばと思った。

数日経ち最初に父親が、続いて母親が、
最後に少年が倒れ、そのまま死んだ。

死ぬまで夢中になれることってなかなか無いものです。


おしまい。






0 コメント

見切り発車

あの男は見えているようで、
あまり見えていなかった。

あまり見えてはいなかったが、
見えていたことは事実だ。

見えているようで、あまり見えていなかったが、
見えていた。

どれぐらい見えていたかというと、
壁にあいた画鋲の穴ぐらい。
壁にあいた画鋲の穴が見えていたということは、
やはりあの男にはかなり見えていたのだ。

ここまで書いてはみたものの、
僕にはこの先がさっぱり見えなくなった。


おしまい






0 コメント

日没

ある朝のこと、

夜遅くまで遊んでいたニワトリが寝坊をして太陽に怒られました。


「いつまで寝ているんだニワトリさん。

コケコッコーときみが鳴かなきゃ、一日が始まらないよ。

もっとしっかりしたまえ。」


注意されたことに腹を立てたニワトリは、

太陽に向かって自分のウンコを投げつけました。


それからニワトリはプリプリ怒って散歩へ出かけました。


ところで、投げつけたウンコは、太陽までは届きませんでした。


民家の屋根でウトウトしていたネコの額に落ちました。


「にゃあー!誰だ僕の額にウンコを落とした奴は!」


ネコはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。

怒ったネコは太陽の仕業だと勘違いし、太陽に向かって額のウンコを投げつけました。


そのウンコも、やはり太陽までは届きませんでした。


それは木の実を取ろうとしていたサルの上に落ちました。


「ウキッ!もう少しで木の実が取れたのに、僕にウンコを落とした奴はだれだ!」


サルはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。

怒ったサルは太陽の仕業だと勘違いし、太陽に向かってそのウンコを投げつけました。


しかしそれも太陽までは届きませんでした。


そして、草原を走っていたチーターの上に落ちました。


「ガオッ!気持ちよく走っていた僕にウンコを落とした奴はだれだ!」


チーターはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。

怒ったチーターは太陽の仕業だと勘違いし、

そのウンコをしっぽを使って「びゅん」と太陽に向かって投げつけました。


やっぱりそれも太陽までは届かず、水浴びをしていたゾウの上に落ちました。


「パオーーン!体をきれいに洗ったばかりの僕にウンコを落とした奴はだれだ!」


ゾウはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。


怒ったゾウは太陽の仕業だと勘違いし、

長い鼻を使ってウンコを太陽めがけ「ぶんっ」と投げつけました。



投げたウンコはぐんぐん飛んでいきました。


でもやっぱり太陽までは届きませんでした。


そして、プリプリ怒って散歩をしていたニワトリの上に落ちました。


「コケーッ!白くてきれいな僕にウンコを落とした奴はだれだ!なんて嫌な奴だ!」


ニワトリはあたりを見回しましたが、誰もいませんでした。


そして太陽のウンコだと思いました。


それと同時に太陽も自分と同じように嫌な思いをしたのだと気がつきました。


ニワトリは素直に謝ることにしました。


「太陽さん、ごめんなさい。」


太陽がニコリと笑いました。



おしまい。



・・・ここで終われば「天に唾する」とか「因果応報」のお話となるのだろうが、時は21世紀。

なかなかそうはいかないのだ。


話は少し遡る。


プリプリ怒って散歩をしていたニワトリは、

自動販売機の下にドクロマークが描かれた小さな袋を見つけました。


突いて破ってみると白い粉が出てきました。

小腹が減っていたニワトリは迷わず食べてみました。


すると今まで味わったことのない気分の良さでテンションMAX。

一気に力が漲ってくる気がしました。



と、そこにウンコが落ちてきました。


「コケーッ!白くてきれいな僕にウンコを落とした奴はだれだ!なんて嫌な奴だ!」


ニワトリはあたりを見回しましたが、誰もいませんでした。


しかし力は漲っていたので、とりあえず走り出しました。


すると遠くにキリンを発見しました。


あいつならここまでウンコを飛ばせるに違いないと思ったニワトリは、

キリンめがけて突進しました。


そして自慢のくちばしで、キリンのふくらはぎをブスリとやりました。


あまりの痛さにキリンは激しく暴れ出しました。


すると、キリンの長い首は激しく暴れたせいでさらに長くなりました。


キリンの首はぐんぐん伸びて、水浴びをしていたゾウの土手っ腹に一撃を加えました。


しかしキリンの首はまだ伸びます。


そして、走っていたチーターの腰に一撃。


まだまだキリンの首は伸びます。


そしてサルが登っていた木をなぎ倒し、ネコがいた民家の屋根を破壊しました。


まだまだまだキリンの首は伸びます。


ずーっと、ずーっと、ずーっと伸びてキリンの首は太陽まで届きました。


そして太陽に頭を乗せたところでキリンは力尽きました。


するとキリンの重みで太陽はどんどん沈み始め、ついには夜に飲み込まれました。



月が顔を出した時、ニワトリは「コケコッコー!」と鳴きました。

 

 

 

 

0 コメント