お年賀展

続きを読む 0 コメント

明けましておめでとうございます

続きを読む 0 コメント

自分を見たくて

脳に興味があるので脳についての本をよく購入する。

一昨日も一冊購入し読み始めていたのだが、その時にふと思った。
前々から自分の脳みそを見てみたいと思っていたけど別に病気じゃなくても見れるんじゃないかと。
なぜこんな事に気が付かなかったんだと思いながら「脳MRI」「脳ドック」などで検索したらまぁ当然沢山あった。
思い立ったが吉日「簡易脳ドック」をすぐに予約し、今日行ってきた。
人生初のMRI。
少し緊張したがワクワクが勝った。
部屋の中ではドゥーーン、ドゥーーン、ドゥーーンとリズムを刻む大きな音が鳴っていた。
そして筒状の装置に入り機械の音がウィンウィン、ギャンギャン、ピーピーと鳴り出すと改造人間にされるんじゃないかと思って面白くなり笑いが込み上げてきた。
でも顔を動かさないようにと言われていたのでなんとか我慢した。
5分過ぎたあたりで最も大きい音が鳴ることも伝えられていたのでそれを待つ事に神経を集中させた。
しかし、うるさい筒の中で時間の感覚を保つなんて全然無理な話で、音が変わる度にこれが最大音かなと思いながら待っていた。
そしてついに最大音がやってきた。
それまでと音量が全然違った。
これだと分かったが、その音はビーッ!ビーッ!ビーッ!と非常事態を知らせる様な音だった。
SF映画だったら宇宙船がぶっ壊れる前に船内に響き渡る音だ。
本当に機械が壊れたんじゃないかと少し不安になった。
MRIで気分が悪くなる人もいるというのがよく分かった。
僕は久々にアトラクションを楽しんだ気分になった。

簡易脳ドックだったので受付から待ち時間と検査の時間を入れて30分弱で済んでしまった。あとは1週間以内に検査結果と脳の画像が送られてくるのを待つだけ。
費用が2万円だったのでちょっと高いなとは思ったが、これで自分の脳と会うことが出来ると思ったらもうドキドキが止まらない。
早く自分に会いたい。
0 コメント

一ヶ月後

顔に出た帯状ヘルペス(疱疹)から一ヶ月ぐらい経ちました。
傷はだいぶ消えてきたけど、目の周りに少し痛みがあります。
眉間から鼻までジンジンしていて感覚が無いし。

ぼーっと何かを見ている分には全然大丈夫だけど
集中して見ているとすぐ疲れるし痛みが出てくるという毎日。

医師には疲労をためないよう言われてるけどそれがなかなか難しい。
歩いて駅に行き電車に乗るだけで、
スーパーで買い物をするだけで、少し疲れてしまう。
何気ない日常生活でもかなり目や神経を使っていることに気付かされた。

最近少しずつ作品制作もしているのだが、
集中すると眉間が重くなってくるし、目の奥が痛くなってくる。

でも症状が良くなってきている感じはあるので、しばらくは焦らずゆっくりやって行こうと思います。

ちなみに目が一番疲れて痛くなってくるのはやはりスマホを長い時間見ている時です。
ということで今日はここまでにしておきます。
本当は先日見てきた東京国立近代美術館の「ピーター・ドイグ展」のことを書こうと思っていたんだけど何だか前置きが長くなってしまったので。

書き出すと、しゃべりだすと、酒を飲みだすと止めるのが大変。

では。



0 コメント

昨日と今日

昨日朝起きると右目にかなりのモヤがかかっていた。

一昨日も少しモヤがかかっていて絵を描くのに難儀したが、
昨日の朝はモヤがすご過ぎて創作活動どころではなかった。

自分が今まで見ていた世界が先のほうに広がっていることは理解出来ているのだが、その世界の手前に白濁したフィルムが貼られ見えてるのに見えないもどかしい感じ。

目で映像を見ているのではなく目というレンズを通して脳が映像を見ているということを以前本で読み知ったのだが、それをいま身体で感じていると思ったらなんか面白かった。
しかし同時にこんなに白濁するのはヤバいかもと思い、次の検診予定日を待たずに病院へ行った。

結果を言えば大きな問題は無かった。

遅れてやってきたヘルペスによる炎症で眼圧が高くなり見えにくくなってるので眼圧が下がれば普通に見えるでしょうと言われ安心した。

とは言うものの炎症が治るまであとどれくらいかかるか分からないし、後遺症で神経痛が残る事もあるらしいし厄介な病気にかかったものだと思った。

という事で昨日は何もせずぼんやり過ごした。

今日は午前中に皮膚科。
今週3回目の病院で少しうんざり。
医師からは入院でもおかしくないレベルなんだから、この1、2週間は安静にするように、なるべくストレスを溜めないようにと伝えられた。
ストレスを溜めないようにとは禅問答のようだ。
絵を描いてもストレスは知らないうちに溜まってるし、
絵を描かなければどんどんストレスが溜まるのは知ってる。

どうしたものかと少し悩んで出した答えは
「ほどほどにやる」だ。

昔からそうなのだが好きなものを目の前にすると抑えが効かなくなってしまう。
それで何度失敗したことか。

という事で今日は15時ぐらいから5時間ほどの作品制作で終わり。

とりあえず体調が良くなるまではほどほどにやって行こうと思います。


0 コメント

よくある話

描きたいのに何を描きたいのか分からない。

食べたいのに何を食べたいのか分からない。

見たいのに何を見たいのか分からない。

本の読み方を忘れた。

鉛筆の使い方を忘れた。

仕事を忘れた。

眠り方を忘れた。

ポキン、カキン、ズキン、トントン。

ポキン、カキン、ズキン、トントン。

ポキン、カキン、トン?

頭からキノコが生えた。

眼から釘がこぼれ落ちた。

右耳からビュッと墨が吹きでた。

胴体がパンダになった。

腕がクラゲになり、
足は910×15×30mmにカットされ1本380円で売られた。


・・・もう少し書きたいところだが、
これ以上何を書きたいか分からないので、
この辺で失礼。

では。

ん?

あっ。

・・やっぱり忘れた。


















異次元カフェ

0 コメント

game is over


少年は部屋でゲームをしていた。

始め方と遊び方は知っていたが、
少年はゲームの止め方を知らなかった。

隣でゲームをしている母親にそれを尋ねようと思ったが、母親が夢中になってる姿を見ると自分ももっとやらねばと思った。

母親も始め方と遊び方は知っていたが、
ゲームの止め方を知らなかった。

隣でゲームをしている夫にそれを尋ねようと思ったが、夫が夢中になってる姿を見ると自分ももっとやらねばと思った。

夫も始め方と遊び方は知っていたが、
ゲームの止め方を知らなかった。

隣りでゲームをしている妻か息子にそれを尋ねようと思ったが、妻子が夢中になってる姿を見ると自分ももっとやらねばと思った。

数日経ち最初に父親が、続いて母親が、
最後に少年が倒れ、そのまま死んだ。

死ぬまで夢中になれることってなかなか無いものです。


おしまい。






0 コメント

見切り発車

あの男は見えているようで、
あまり見えていなかった。

あまり見えてはいなかったが、
見えていたことは事実だ。

見えているようで、あまり見えていなかったが、
見えていた。

どれぐらい見えていたかというと、
壁にあいた画鋲の穴ぐらい。
壁にあいた画鋲の穴が見えていたということは、
やはりあの男にはかなり見えていたのだ。

ここまで書いてはみたものの、
僕にはこの先がさっぱり見えなくなった。


おしまい






0 コメント

日没

ある朝のこと、

夜遅くまで遊んでいたニワトリが寝坊をして太陽に怒られました。


「いつまで寝ているんだニワトリさん。

コケコッコーときみが鳴かなきゃ、一日が始まらないよ。

もっとしっかりしたまえ。」


注意されたことに腹を立てたニワトリは、

太陽に向かって自分のウンコを投げつけました。


それからニワトリはプリプリ怒って散歩へ出かけました。


ところで、投げつけたウンコは、太陽までは届きませんでした。


民家の屋根でウトウトしていたネコの額に落ちました。


「にゃあー!誰だ僕の額にウンコを落とした奴は!」


ネコはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。

怒ったネコは太陽の仕業だと勘違いし、太陽に向かって額のウンコを投げつけました。


そのウンコも、やはり太陽までは届きませんでした。


それは木の実を取ろうとしていたサルの上に落ちました。


「ウキッ!もう少しで木の実が取れたのに、僕にウンコを落とした奴はだれだ!」


サルはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。

怒ったサルは太陽の仕業だと勘違いし、太陽に向かってそのウンコを投げつけました。


しかしそれも太陽までは届きませんでした。


そして、草原を走っていたチーターの上に落ちました。


「ガオッ!気持ちよく走っていた僕にウンコを落とした奴はだれだ!」


チーターはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。

怒ったチーターは太陽の仕業だと勘違いし、

そのウンコをしっぽを使って「びゅん」と太陽に向かって投げつけました。


やっぱりそれも太陽までは届かず、水浴びをしていたゾウの上に落ちました。


「パオーーン!体をきれいに洗ったばかりの僕にウンコを落とした奴はだれだ!」


ゾウはあたりを見回したけれど誰もいませんでした。


怒ったゾウは太陽の仕業だと勘違いし、

長い鼻を使ってウンコを太陽めがけ「ぶんっ」と投げつけました。



投げたウンコはぐんぐん飛んでいきました。


でもやっぱり太陽までは届きませんでした。


そして、プリプリ怒って散歩をしていたニワトリの上に落ちました。


「コケーッ!白くてきれいな僕にウンコを落とした奴はだれだ!なんて嫌な奴だ!」


ニワトリはあたりを見回しましたが、誰もいませんでした。


そして太陽のウンコだと思いました。


それと同時に太陽も自分と同じように嫌な思いをしたのだと気がつきました。


ニワトリは素直に謝ることにしました。


「太陽さん、ごめんなさい。」


太陽がニコリと笑いました。



おしまい。



・・・ここで終われば「天に唾する」とか「因果応報」のお話となるのだろうが、時は21世紀。

なかなかそうはいかないのだ。


話は少し遡る。


プリプリ怒って散歩をしていたニワトリは、

自動販売機の下にドクロマークが描かれた小さな袋を見つけました。


突いて破ってみると白い粉が出てきました。

小腹が減っていたニワトリは迷わず食べてみました。


すると今まで味わったことのない気分の良さでテンションMAX。

一気に力が漲ってくる気がしました。



と、そこにウンコが落ちてきました。


「コケーッ!白くてきれいな僕にウンコを落とした奴はだれだ!なんて嫌な奴だ!」


ニワトリはあたりを見回しましたが、誰もいませんでした。


しかし力は漲っていたので、とりあえず走り出しました。


すると遠くにキリンを発見しました。


あいつならここまでウンコを飛ばせるに違いないと思ったニワトリは、

キリンめがけて突進しました。


そして自慢のくちばしで、キリンのふくらはぎをブスリとやりました。


あまりの痛さにキリンは激しく暴れ出しました。


すると、キリンの長い首は激しく暴れたせいでさらに長くなりました。


キリンの首はぐんぐん伸びて、水浴びをしていたゾウの土手っ腹に一撃を加えました。


しかしキリンの首はまだ伸びます。


そして、走っていたチーターの腰に一撃。


まだまだキリンの首は伸びます。


そしてサルが登っていた木をなぎ倒し、ネコがいた民家の屋根を破壊しました。


まだまだまだキリンの首は伸びます。


ずーっと、ずーっと、ずーっと伸びてキリンの首は太陽まで届きました。


そして太陽に頭を乗せたところでキリンは力尽きました。


するとキリンの重みで太陽はどんどん沈み始め、ついには夜に飲み込まれました。



月が顔を出した時、ニワトリは「コケコッコー!」と鳴きました。

 

 

 

 

0 コメント