展覧会のお知らせ

今日は台風一過でとても天気が良かった。

天気が良いだけでワクワクするから不思議だ。

どこか遊びに行きたいと思ったが展示の予定がぎっちり詰まっているので今日もやっぱり作品制作。

でもどうしても外に出たかったので近所の中華屋さんに昼飯を食べに行った。

・・遊びの変わりに中華屋であんかけ焼きそばとは(泣)

 

さて、今週末から福島県二本松市にある「あだたら高原美術館-ao-」で展示があります。

福島県の作家と関東の作家たちによるグループ展です。

地域の人達に美術を通して元気を与えようと企画された展覧会です。

そしてそれと同時に福島の今を伝えられたらとも考えられています。

 

会期中には芋煮会やお客様参加型の壁面制作があります。

来館者先着50名には作家達からの素敵なプレゼントも用意されています。

 

会期等はこちら↓↓

http://playinadatara.web.fc2.com

 

それともう1つ展示のご案内。

 

9月30日、10月1日に開催される「六本木アートナイト2017」に合わせ

「六本木605画廊」にて「Paring-アートと日本酒」という展覧会が開催されます。

会期は9月26日(火)〜10月1日(日)12時〜19時

 

アートナイト当日の9月30日(土)は17時〜22時まで美術鑑賞好きの利き酒師の方が作品のイメージから

選んだ日本酒が飲める試飲会も開催されます。

 

お酒好きで美術好きの方は是非!

会場 http://gallerylara.com/access

 

 

どちらもよろしくお願い致します!

 

では!

 

 

 

0 コメント

召喚してしまったか

僕が生まれるずぅーーっと前、まだ何も生まれてない世界。

そこから色々なものが生まれ僕も生まれる。

次の個展はそんな感じのイメージにしたいなと思って日々制作中。

 

なので抽象の作品も必要だし、人でも動物でもないものも必要だと思ったら神様でも描こうと思った。

そして今日は雷神を描いた。

初めての雷神。

こういうのも描くんだと自分で自分に少しビックリした。

 

今日は昼過ぎまで天気が良かった。随分久しぶりの太陽だった。

でも僕が雷神を描き終えた頃、急に天気が悪くなった。

そして激しい雷雨。

光った瞬間、ゴロゴロドーーーン!かなり近かった。

 

僕は雷様を召喚してしまったのかもしれない。

 

それから4時間ぐらい経った今も雨は激しい。

雷様はどっかに行ったみたいだけど。

 

電車も遅れているみたいだし今日はレイトショーでスパイダーマンを見に行きたかったが諦めた。

 

その代わりにこれから近所の居酒屋へ!

 

行ってきま〜す。

 

 

 

0 コメント

あるものないもの

昨日は銅夢版画工房で暑気払いがあった。

 

僕は作業を始めるとすぐに没頭してしまう質で普段あまり会話に参加したり出来ないので、

昨日の暑気払いは色々な方とお話が出来てとてもありがたかった。

人それぞれ自分の舞台で戦っているんだなと思ったら僕ももっと頑張らねばと思った。

 

20代の頃小さなイタリアンレストランでアルバイトをしていた時の店長さんのことを

最近よく思い出す。

その方は仕事中は鬼のように恐ろしい人で毎日みんな怒られていた。

その中で一番印象に残っているのはこんなやりとり。

 

店長「金がある奴は金を使えばいい。頭の良い奴は知恵を使えばいい。金も知恵も無い奴はどうすればいい?

金も知恵も無い奴は体を使うんだよ!」

 

僕 「はい」

 

店長「お前は金があるのか?」

 

僕 「無いです」

 

店長「知恵があるのか?」

 

僕 「無いです。(・・ちょっとはあると思うけど)」

 

店長「じゃあ体を使え!」

 

僕 「はい!」

 

作品制作で大変な時僕は金も無いし、知恵も無いし(・・ちょっとはあると思うけど)、体を使うしかねぇなと思うのだ。

 

それにしても昨日はとても楽しかった。

 

何を話したか半分ぐらい忘れてしまったけど・・

この数日毎晩記憶を失っている・・

 

もしかしたら僕はちょっとも知恵を持ち合わせていないかもしれない。

 

僕は体を使おう。

 

さて絵具乾いたかな。

 

では!

 

0 コメント

暑気払い

今日は個展のDMのデザインをした。
画廊でも作ってもらえるのだが、思いっきりやってしまおうと思ったので自分でやることにした。
ある程度イメージは出来ていたので作業は順調に進んだ。
ナイスな遊び心も加わり楽しく出来た。
まぁ例によって僕は指示を出してただけなのだが。

そして現在17時。
銅夢版画工房で暑気払いをやるというので電車で向かっているところ。
何をするのかよく分からないが、酒は飲むだろうと思って福島県二本松市の酒「大七純米生酛」を持って行くことにした。
これさえあれば話はいくらでも広がるので、僕のお土産の定番だ。
まぁ一番は自分が飲みたいだけだけど。

お酒ありの会である事を祈る。

0 コメント

残暑お見舞い申し上げます

10月末から始まる個展のDM用作品の目処がついたので久々のブログ。

なかなか更新出来ずすみません。

 

相変わらず制作制作の日々。

休みの日は朝から作業というのが当たり前になってきてしまった。

展示が終わると燃え尽きて1、2ヶ月は制作出来なかった駆け出しの頃が懐かしい。

まぁ懐かしくは思うが戻りたいとは思わない。

戻ったところで人生には大変なことが付き物だからだ。

それより今あるもので今何が出来るかを考えるほうが楽しい。

 

次回の個展は今までで一番ドラマチックなものにしたいと思って制作している。

自分が持つものでどうやってそれが出来るかを考える。

そして良いアイデアや作品が出来る度にニヤニヤしている。

 

今日は「Blood」という作品の画面を全て埋めるかどうかでえらく悩んだ。

昨日の時点で作品が出来上がっているという思いがあったからだ。

でもドラマチック感を考えるとそれが足りないような気がしたので思い切って埋めることにした。

 

画面を半分近く埋めたところでトイレに行った。

そしてトイレから戻って画面を見てみると自分が思うドラマチック感がもうすでに現れていた。

そこからはもうこれ以上やり過ぎたらいけないと思い慎重に作業を進めた。

 

画面を埋めたい気持ちと埋めたくない気持ちの「あいだ」に僕は存在したのだ。

 

小便に感謝だ。

 

今日はもう作業終了だ。

 

ビールを飲もう!

 

では。

 

0 コメント

中の中へ

<ここには面白いものが沢山あるぜ> ガツガツ

 

<ニャアニャアも、ここまでは来れまいて> ガツガツガツ

 

<今宵も自由を謳歌するのだ!> ガツガツガツガツガツ

 

<見よ、この強靭な歯を!全てを噛み砕いてみたいのだぁ!>

 

 

ドーーーーン!!

 

<うぉ、何事だ!>

 

ドーーン! ドーーン!

 

<下から不気味な音が響いてきやがる>

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!

 

<逃げろ、逃げろ。なんかやべぇぞ!>

 

<嫌だね。こんな素敵な楽園を捨てられるかって>

 

 

自然の声 「毎日うるせぇネズミだなぁ。おかげで電気が付かなくなったし、

      もう我慢ならん!」

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

今日は、仕事帰りにドラックストアーでネズミ退治グッズを見てきた。

殺鼠剤か忌避剤かで迷っている。

 

それとネズミからすれば、人間も、人間が作った様々なモノも、

全て自然の一部だ。殺鼠剤や忌避剤は理不尽な天災でしかないなと思った。

 

しかし縄張り争いも生命の本能だ。

やるしかないのだ。

 

ところが、1つ大きな問題がある。

彼らが喜びを謳歌する大地は、2階の床である1階の天井と

アトリエである地下室の壁、それらの中。

 

外側の世界と内側の世界を隔てている、

その壁の中へと立ち入ることは、容易ではないのだ。

 

薄いのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

現在、僕は

美術について。

 

ん!?となり

おっ、となり

クスッ、となる。

 

願望であり、自画像のようなもの。

 

そういうものでいいと考えている。

 

 

 

 

 

0 コメント

カミュそれから馬

実際、彼の唯一の仕事は、

偶然というものに機会を与えることであったが、

その偶然たるや刺激されねば動き出さぬという場合があまりにも多い。

 

                      カミュ「ペスト」より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、思いっきり最後のひと押しをしたら、

馬の作品が想像以上にうまくいき、

興奮してしまった。

 

そしてその勢いで現在「木とキリン」という作品を制作中。

 

今年の秋は、のんびりと美術館やギャラリーを回っていた。

そして作品制作より、考えをまとめることに時間を割いていた。

とてもいい時間だった。

 

気付くと、(いや正確には気付いていたのだが、なるべく考えないように

していた。考えると気が遠くなるので。)

年末、年始、来年、と展示の予定がぎっしり埋まってしまった。

 

だいぶ追い込まれてきたので、ガンガン制作に取りかかります。

 

自らの尻に鞭を打って。

 

0 コメント

募集

たとえ小さくとも約2000時間もの長い間、

僕らに明るさを与え続けてくれる

かわいく素敵な奴です。

 

どなたか引き取って頂けないでしょうか?

 

続きを読む 0 コメント

僕の作り方

作品制作時、動物の資料をしばしば用いる。

 

木製パネルの横に資料を置き、じっくり眺めて形を覚える。

 

そして、それを「無視」する。

 

とても愉快だ。

 

物事を拒否した瞬間、その一瞬に自由を感じる。

 

資料を見ては「無視する」を繰り返す。

僕が自由を感じているのだから、当然それは画面にも現れる。

 

しかし僕は根っからの否定的な人間なので、

無視するということも拒否しだす。

 

なので結果的には、ある程度の形を保つことになる。

 

資料の動物に似てるけど似ていない、変なものが出来たりすると

 

とても愉快だ。

 

以前読んだなんかの本に、熊谷守一さんは手紙が来ても名前も見ずに捨ててた

という話しがあった。

小心者の僕には、さすがにそこまでは出来ないが、

最近、パソコンのメールチェックをしないという行為にハマってる。

基本は3、4日。長くても一週間ぐらいだけど。

そんなことでも自由を感じるのだ。

 

ちなみに今日で3日目。

もし僕のパソコンに、メールを送られた方がいたら、

ごめんなさいね。

明日チェックしま〜す。

 

 

0 コメント