終わり始まる

「西谷拓磨のあいだ展」無事に終了しました。

色々な方に見て頂き嬉しく思います。
今回の展示では初挑戦したことが色々とありどんな感じになるのか少しドキドキでしたが、
お客様の反応を見ると楽しんで頂けたようで挑戦して良かったです。
これからもどんどん挑戦して行こうと思います。(ちなみにもう次の個展のアイデアは出ていて早く取りかかりたくてうずうずしてます)
そして明日からは銀座の「かわべ美術」でグループ展「ARTE(アルテ)の会」が始まります。
来年の干支である戌をモチーフにした作品の展示です。
僕はミニチュアダックス、柴犬、トイプードルの作品3点を出品します。
お時間ある方は是非!
「第6回ARTE(アルテ)の会」
2017年11月11日(土)〜17日(金)無休
12時〜18時
かわべ美術
〒104-0061
東京都中央区銀座4-13-3
ANC HIGASHIGINZA BLDG 2F
tel 03-3542-3988
続きを読む 0 コメント

三連休中日

三連休中日の昨日は朝から昼頃まで作品制作。
それから高尾山薬王院に行ってきた。
今年の1月にも行ったのだが、受け付け時間に間に合わず御朱印を頂けなかったので再チャレンジしたのだ。
僕は御朱印の事しか考えておらず今が行楽シーズンであるという事をすっかり忘れていたので、高尾山口駅に着いたとき登山客の多さに驚いた。
そして今回も御朱印を頂けないかもと少し焦った。リフトで途中まで登りそこからは少し早歩きで薬王院を目指した。
時間ギリギリになってしまったが御朱印は頂けた。その繊細かつ大胆で見事な字を見る度についニヤけてしまう。
むかし白隠や仙厓などの禅僧は布教のために親しみやすい禅画を民衆に配っていた。頂いた人達はとても喜んだらしいが、なんだかその気持ちが分かる気がする。

下山はリフトの時間が過ぎていたのでケーブルカーで。人が多くて40〜50分待った。少し雨も降り寒かった。
でもまぁ楽しい1日だった。

そして今日は昨日おみくじで凶を引き、
「悦び事はありません。」
「待人は来ません。」
「争い事は負です。」
「新規の事は見合わせです。」
などなど全否定を喰らったので大人しく作業場にこもって1日中作品制作の予定。
まぁもうそれだけですでに悦び事なのだが。

では。
0 コメント

文化の日

先日ギャラリーレコルテさんから取り扱い出来る作品ありますかと尋ねられた際、新作を作らせて下さいと言ってしまったので昨日は朝からその作業に取りかかった。
手もとにあるものだけでも良かったのだが、新しいものを今現在をつい見せたくなってしまうのだ。
14時半頃まで作業しそれから横浜トリエンナーレを見に行ってきた。
自分が一番印象に残ったのはタチアナ・トゥルヴェの新しい家の形のインスタレーション。
内と外を同時に感じさせることでその隔たりを打ち消す展示空間にすっかり魅せられてしまった。
それとマウリツィオ・カテランの作品「スペルミニ」と「無題」が良かった。
消えたい自分と生き延びようとする自分から現れる自分が胸に突き刺さった。

他にも面白い作品が沢山あり色々書きたいが、描きたいほうが上回るのでこの辺で終わりにします。
横浜トリエンナーレは11月5日まで。
お時間ある方は是非。

こんな感じの文化の日だった。


0 コメント

あいだのあいだに2

(先ほどの続き)
仕事場から20分ほど歩いて「かわべ美術」に作品を搬入。
かわべさんに作品3点お渡しして説明を少々。
そして横浜で開催中の個展の話も少々。
もう少しお話ししたいなと思ったが「会場に行ったほうがいいよ。早く早く」とかわべさん。
ということで3分ほどでお暇させて頂いた。

色々な方に応援されて嬉しく思う。

これから横浜行って来まーす!

0 コメント

あいだのあいだに

個展の最中だが今日は夕方にグループ展用の作品3点を「かわべ美術」に搬入に行く。

かわべさんとは日本画の作家さんからの紹介で昨年からお世話になっている。

主に日本画の作品を取り扱っている中でアクリル画の僕も参加させて頂きとても感謝している。

僕は独学でやってきたこともあるし、画廊のオーナーさんから学ぶことをとても大切にしている。そして色々なタイプのオーナーさんと出会うことで作品も僕自身も強くなって行くと考えている。

独特なオーナーさんと出会うことはとても楽しみなのである。どのオーナーさんからどのようなことを学んでいるかは自分が勝手に学んでいる事なのでここで書くことは控える。

でも独特のオーナーさんから共通して学べることは書いてしまってもいいだろう。

それは「人として」と「頭を使いなさい」ということ。

特に僕のように調子に乗りやすいタイプの人間にはとても大切なことなのだ。

さて、話が長くなってしまったが今日僕が作品を持って行く「かわべさん」はプレッシャーのかけ方がとても上手い。

お会いする度、そしてメールでやり取りする度に優しく丁寧な言葉の最後には必ず「いい作品」というフレーズが付いてくる。

「いい作品持って来てよ。」

「いい作品待ってます。」

「いい作品楽しみにしてます。」

とこういう具合だ。

先日搬入の件でメールした際には最後に

「いい作品を  待ってます」

と「を」のあとにスペース。

その空白に恐ろしいプレッシャーを感じた。

そして僕はもちろん「いい作品を  持って行きます!」と返信した。

今日の夕方かわべさんの反応が楽しみだ。(少し恐いけど)

作品の搬入後は個展の会場に行く予定。

そして今日は閉廊後にLAの展示の時にご一緒した写真家のJun Ishikuraさんと飲みに行く予定。

junさんは世界の鍛冶屋さんの写真を撮っている。

作品がすごくカッコいい。(一応本人もと言っておこう)

http://moonmaker.sakura.ne.jp/moonmaker/

滞在先では必ずバー巡りするらしい。

バーでの出会いが面白いのだそうだ。

今日は横浜のバーを教えてもらう予定。

楽しみだ。


0 コメント

中の中へ

<ここには面白いものが沢山あるぜ> ガツガツ

 

<ニャアニャアも、ここまでは来れまいて> ガツガツガツ

 

<今宵も自由を謳歌するのだ!> ガツガツガツガツガツ

 

<見よ、この強靭な歯を!全てを噛み砕いてみたいのだぁ!>

 

 

ドーーーーン!!

 

<うぉ、何事だ!>

 

ドーーン! ドーーン!

 

<下から不気味な音が響いてきやがる>

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!

 

<逃げろ、逃げろ。なんかやべぇぞ!>

 

<嫌だね。こんな素敵な楽園を捨てられるかって>

 

 

自然の声 「毎日うるせぇネズミだなぁ。おかげで電気が付かなくなったし、

      もう我慢ならん!」

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

今日は、仕事帰りにドラックストアーでネズミ退治グッズを見てきた。

殺鼠剤か忌避剤かで迷っている。

 

それとネズミからすれば、人間も、人間が作った様々なモノも、

全て自然の一部だ。殺鼠剤や忌避剤は理不尽な天災でしかないなと思った。

 

しかし縄張り争いも生命の本能だ。

やるしかないのだ。

 

ところが、1つ大きな問題がある。

彼らが喜びを謳歌する大地は、2階の床である1階の天井と

アトリエである地下室の壁、それらの中。

 

外側の世界と内側の世界を隔てている、

その壁の中へと立ち入ることは、容易ではないのだ。

 

薄いのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

現在、僕は

美術について。

 

ん!?となり

おっ、となり

クスッ、となる。

 

願望であり、自画像のようなもの。

 

そういうものでいいと考えている。

 

 

 

 

 

0 コメント

カミュそれから馬

実際、彼の唯一の仕事は、

偶然というものに機会を与えることであったが、

その偶然たるや刺激されねば動き出さぬという場合があまりにも多い。

 

                      カミュ「ペスト」より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、思いっきり最後のひと押しをしたら、

馬の作品が想像以上にうまくいき、

興奮してしまった。

 

そしてその勢いで現在「木とキリン」という作品を制作中。

 

今年の秋は、のんびりと美術館やギャラリーを回っていた。

そして作品制作より、考えをまとめることに時間を割いていた。

とてもいい時間だった。

 

気付くと、(いや正確には気付いていたのだが、なるべく考えないように

していた。考えると気が遠くなるので。)

年末、年始、来年、と展示の予定がぎっしり埋まってしまった。

 

だいぶ追い込まれてきたので、ガンガン制作に取りかかります。

 

自らの尻に鞭を打って。

 

0 コメント

募集

たとえ小さくとも約2000時間もの長い間、

僕らに明るさを与え続けてくれる

かわいく素敵な奴です。

 

どなたか引き取って頂けないでしょうか?

 

続きを読む 0 コメント

僕の作り方

作品制作時、動物の資料をしばしば用いる。

 

木製パネルの横に資料を置き、じっくり眺めて形を覚える。

 

そして、それを「無視」する。

 

とても愉快だ。

 

物事を拒否した瞬間、その一瞬に自由を感じる。

 

資料を見ては「無視する」を繰り返す。

僕が自由を感じているのだから、当然それは画面にも現れる。

 

しかし僕は根っからの否定的な人間なので、

無視するということも拒否しだす。

 

なので結果的には、ある程度の形を保つことになる。

 

資料の動物に似てるけど似ていない、変なものが出来たりすると

 

とても愉快だ。

 

以前読んだなんかの本に、熊谷守一さんは手紙が来ても名前も見ずに捨ててた

という話しがあった。

小心者の僕には、さすがにそこまでは出来ないが、

最近、パソコンのメールチェックをしないという行為にハマってる。

基本は3、4日。長くても一週間ぐらいだけど。

そんなことでも自由を感じるのだ。

 

ちなみに今日で3日目。

もし僕のパソコンに、メールを送られた方がいたら、

ごめんなさいね。

明日チェックしま〜す。

 

 

0 コメント