今年も頑張りまーす。

昨年末から始まったギャラリー枝香庵さんでのグループ展「Xmas &はじめ展」が昨日で無事終了。

搬出時に作家の原太一さんに会ったので、近くのギャラリーを少し回ってから一杯飲みに行った。


最近の僕の関心ごとは日本語話者と英語話者の世界の捉え方の違いとそこからくるアート作品への捉え方の違い、社会問題や政治をアートにしたヨーゼフ・ボイス、多様なギャラリーと僕自身の多様性についてなどでそれらの事を色々と話しまくった。

原太一さんはアートの未来や世界の未来に関心があるようでそのことについても色々話した。


誰かに話したかった事をほとんど吐き出せて頭の中がスッキリした。とても楽しかった。


ゆっくり色々考えたいし勉強もしたいのだが展覧会は待ってはくれない。

もうすでに昨年ぐらいの予定が入ってしまい、今年も制作地獄だが地獄のほうが性に合っているのでこのまま突き進もうと思う。


そして今年は今まで以上にやり込もうと思っている。


現在は5月にある銅版画工房のグループ展用の作品と来月の香港でのグループ展用の作品を制作中。

どちらも小作品2点だが徹底的にやってやろうと思っている。

手を加え過ぎてもいけないし、足りな過ぎてもいけない、意識と無意識のあいだに深く入り込む日々。

・・何だか変な事を言ってんなと思うのだが言葉にしようとするとこんな感じになってしまう。


それと昨年末から福岡のギャラリーレコルテさんで未発表作2点を含んだ新作数点を取り扱って頂いてます。

是非ご覧下さい。

http://store.g-recolte.com/takuma-nishiya/


それともう一つ、今月末から銀座のかわべ美術さんでも作品を取り扱って頂くことになりました。未発表の新作も1点あります。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。


かわべ美術

104-0061 東京都中央区銀座4-13-3

ACN HIGASHIGINZA BLDG 2F

Tel/Fax 03-3542-3988


さて、そろそろ作品作りま~す。



続きを読む 0 コメント

今年最後で来年最初の展示です。

明日12/23から銀座のギャラリー枝香庵でグループ展が始まります。

僕は「這い上がる」と「未知との遭遇」という新作2点を発表します。

年末年始の何かと慌ただしい時期ですが、どうぞよろしくお願い致します。

ギャラリー枝香庵
「Xmas & はじめ展」
2017年12月23日(土)~1月19日(金)11時30分~19時(日曜、最終日は17時まで)

12月28日~1月5日1月11日、12日は休廊です。

初日の23日(土)17時からドリンクパーティーがあるので是非ご来場ください。


0 コメント

諦めの悪い男

先日居酒屋で食べた青唐辛子入りの生カツオの和え物がとても美味しかった。

そのうち家で真似しようと思っていたらスーパーで美味しそうな生カツオを発見した。

これは作るしかないと思いカツオをカゴに入れた。

そして野菜売り場に戻り青唐辛子を探した。

しかしシシトウしか置いていなかった。

どうしようかしばらく迷ったが、青唐入り生カツオが諦められず別のスーパーに行くことにした。


でもそこにも青唐辛子はなかった。

ますます青唐が欲しくなり、三軒目のスーパーへ。

しかし願いは叶わず。

どうしても青唐を手に入れたくなってしまい、四軒目のスーパーへ。

薄々無いような気がしていたが、やっぱりなくてガッカリ。

そしてこうなったら駅の反対側まで行ってやろうという気になってしまった。

気合を入れて五軒目のスーパーへ。

ちっきしょー!

そして最後六軒目のスーパーへ。

今日は多分無理だと半分諦めていたのだがついに青唐辛子と出会えた。思わず小さくガッツポーズ。


小さく切ったカツオに1ミリぐらいの厚さに切った青唐辛子、小ねぎ、白ゴマ、ごま油で和えて生姜醤油で食べるだけ。料理ってほどのことでもないのだがお店のメニューを再現出来て良かった。


ちなみにこの青唐話は先週の金曜日の話。


今日はグループ展の搬入2日前だというのにまだ作品制作。

今回は小作品2点だけの展示だが1点は未発表の新作を出したいと思って作業していた。

しかし一昨日の土曜日にその目処がついたらなんだかもう1点も未発表の新作にしたくなってしまった。

青唐探しなんてしてる場合じゃなかったとぶつくさ言いながら作品制作。


僕は欲望を抑えるのが苦手だ。

そしてとにかく諦めが悪い(>_<)/


0 コメント

師走

今年の展示も全て終わり残る仕事は福岡のギャラリーレコルテさんに送ることになっている作品だけとなった。

そしてそれも先ほど終わり後は乾かすだけ。

明日からは来年の個展用の作品と銅版画の作品に取り掛かる予定・・だった。


見知らぬ電話番号からの着信に普段は出ないのだが、たまたま出たらギャラリー枝香庵さんからで「グループ展の事でまだお返事頂いていないのですが・・」と言われた。

コレクターさんからの紹介でグループ展のお誘いが来ることは知っていたのだが、全然連絡がこなかったので来年のことかなと思っていた。


しかしもう連絡済みとのことだった。

メールでも郵便でも届いてないことを伝えたところ、先方がメールアドレスを間違えていた事が分かった。


展示は1223日からでもうすぐだが小作品2点だけだったので参加させて頂くことにした。

しかし小作品2点だけと言っても搬入や案内状送ったりとなんだかんだで結構時間が必要になる。

おまけに来週はLAで展示したメンバーの飲み会があり幹事みたいなこともやっている。


あるものだけで展示すればいい話なのだが、1点ぐらいは未発表のものを出したいという欲求が腹の底から湧いて来る。

あまり時間はないがやるしかない。


あー今年も長いなー。


0 コメント

写真を撮られるのが苦手

パスポート用の写真を撮りに写真屋に行った。

カメラマンは女性で背の高い人だった。

僕より高い感じだったので180cmはあったかな。


僕は例によって自分の目のデカさを気にしていた。

7割ぐらいの目の見開きで行こうと思った。


カメラマンの女性がカメラをのぞきこんだ。

そしてその瞬間、両足をバッと左右に開いた。

低い椅子に座っている僕を立ってる人が撮るのだから、安定の為にもそうするのは分かるのだが、勢いの良い開きっぷりが面白くなってしまった。

スカートに黒いタイツでサンダルを履いてガバッと開かれた足が気になって仕方なかった。


そして「顔傾けて」「アゴ引いて」「そのまま目をしっかり開いて!」の「目をしっかり開いて」で完全に笑いのツボに入ってしまった。


笑いを堪える為に腹に力を入れたら、本当にしっかり目を開いてしまった。

シャッターを切った直後に「見開き過ぎです」と一言。

そして2枚目。

ガバッと足が開いた瞬間にまた目が開いてしまった。

でも「顔傾けて」「アゴ引いて」の時に目の見開きを7割ぐらいに戻した。

すると「そのままの姿勢で」と言いながらカメラマンが足を開いたまま「すり足」でカメラごと少し近付いてきた。

また面白くなってしまって目が開いてしまった。


そして3枚目。

無になろう、空になろうと頑張った。

でも足が開くと目が開く。


僕の前に撮ってもらっていた女の子はすぐ終わったのに・・。

地獄だった。


最後にもう一枚撮ってもらう事に。

目の見開きは5割の感覚にした。

笑いと見開きを必死に堪えた。


画像チェックの時にもう一枚撮るか聞かれたが最後が一番マシだったし、もう笑いに堪えることが出来ないと思ったので諦めた。


笑いに耐えてる写真のパスポートを10年使おうと思った。

それとデジカメって便利だなと思った。





0 コメント

中の中へ

<ここには面白いものが沢山あるぜ> ガツガツ

 

<ニャアニャアも、ここまでは来れまいて> ガツガツガツ

 

<今宵も自由を謳歌するのだ!> ガツガツガツガツガツ

 

<見よ、この強靭な歯を!全てを噛み砕いてみたいのだぁ!>

 

 

ドーーーーン!!

 

<うぉ、何事だ!>

 

ドーーン! ドーーン!

 

<下から不気味な音が響いてきやがる>

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!

 

<逃げろ、逃げろ。なんかやべぇぞ!>

 

<嫌だね。こんな素敵な楽園を捨てられるかって>

 

 

自然の声 「毎日うるせぇネズミだなぁ。おかげで電気が付かなくなったし、

      もう我慢ならん!」

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

今日は、仕事帰りにドラックストアーでネズミ退治グッズを見てきた。

殺鼠剤か忌避剤かで迷っている。

 

それとネズミからすれば、人間も、人間が作った様々なモノも、

全て自然の一部だ。殺鼠剤や忌避剤は理不尽な天災でしかないなと思った。

 

しかし縄張り争いも生命の本能だ。

やるしかないのだ。

 

ところが、1つ大きな問題がある。

彼らが喜びを謳歌する大地は、2階の床である1階の天井と

アトリエである地下室の壁、それらの中。

 

外側の世界と内側の世界を隔てている、

その壁の中へと立ち入ることは、容易ではないのだ。

 

薄いのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

現在、僕は

美術について。

 

ん!?となり

おっ、となり

クスッ、となる。

 

願望であり、自画像のようなもの。

 

そういうものでいいと考えている。

 

 

 

 

 

0 コメント

カミュそれから馬

実際、彼の唯一の仕事は、

偶然というものに機会を与えることであったが、

その偶然たるや刺激されねば動き出さぬという場合があまりにも多い。

 

                      カミュ「ペスト」より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、思いっきり最後のひと押しをしたら、

馬の作品が想像以上にうまくいき、

興奮してしまった。

 

そしてその勢いで現在「木とキリン」という作品を制作中。

 

今年の秋は、のんびりと美術館やギャラリーを回っていた。

そして作品制作より、考えをまとめることに時間を割いていた。

とてもいい時間だった。

 

気付くと、(いや正確には気付いていたのだが、なるべく考えないように

していた。考えると気が遠くなるので。)

年末、年始、来年、と展示の予定がぎっしり埋まってしまった。

 

だいぶ追い込まれてきたので、ガンガン制作に取りかかります。

 

自らの尻に鞭を打って。

 

0 コメント

募集

たとえ小さくとも約2000時間もの長い間、

僕らに明るさを与え続けてくれる

かわいく素敵な奴です。

 

どなたか引き取って頂けないでしょうか?

 

続きを読む 0 コメント

僕の作り方

作品制作時、動物の資料をしばしば用いる。

 

木製パネルの横に資料を置き、じっくり眺めて形を覚える。

 

そして、それを「無視」する。

 

とても愉快だ。

 

物事を拒否した瞬間、その一瞬に自由を感じる。

 

資料を見ては「無視する」を繰り返す。

僕が自由を感じているのだから、当然それは画面にも現れる。

 

しかし僕は根っからの否定的な人間なので、

無視するということも拒否しだす。

 

なので結果的には、ある程度の形を保つことになる。

 

資料の動物に似てるけど似ていない、変なものが出来たりすると

 

とても愉快だ。

 

以前読んだなんかの本に、熊谷守一さんは手紙が来ても名前も見ずに捨ててた

という話しがあった。

小心者の僕には、さすがにそこまでは出来ないが、

最近、パソコンのメールチェックをしないという行為にハマってる。

基本は3、4日。長くても一週間ぐらいだけど。

そんなことでも自由を感じるのだ。

 

ちなみに今日で3日目。

もし僕のパソコンに、メールを送られた方がいたら、

ごめんなさいね。

明日チェックしま〜す。

 

 

0 コメント