極小作品制作

お世話になってるギャラリーララ東京さんが、今月長野県の松本市に新しくギャラリーをオープンすることになった。
そのお披露目の時に手のひらに収まるぐらいの極小作品で展覧会をするので参加しませんかとアーティストでありキュレーターでもあるキオ・グリフィスさんから先日声をかけて頂いた。
二週間ぐらいしか時間がなかったが企画が面白そうだったので参加することにした。
詳しい内容はまだ聞いてないのだが、極小作品であることは確かなので勝手に昨日から作り始めてしまった。
他にも作業があるので今日で終わらせることにした。
何点飾れるのか知らないが、作業が楽しかったので9点作った。
展覧会の内容にもバッチリ合ってると思うし見せるのが楽しみだ。

さて、もう3時だし寝なきゃ。
頭が冴えてしまって寝付けなそうだが・・・。

では、おやすみなさい。


0 コメント

制作、CD探し、そしてアートナイト

今日の午前中は10月の個展に向けての作品制作。

この一ヶ月ぐらい土曜日は銅版画の作業をしていたので、個展用の作品の進みが遅く少し焦る。

焦ると言いながら今日は夕方から六本木アートナイトへ行く予定。

六本木の街を舞台にアートを楽しもうというイベントで、

美術館やギャラリーだけでなく商業施設や街なかでもアートを見ることが出来ます。

明日27日までやっているので興味のある方は是非。

僕は今回アートナイトで作品の発表はないので、

お世話になってるHideharu Fukasaku GalleryとGallery LaLa Tokyoとその他少し回る予定。

 

Gallery LaLa Tokyoではキオ・グリフィスさんが企画したNobuo Anzai「遊牧画家」展と

16時からDangerous Grooves・Beta3というレコードを聴きながら

アートや音楽、社会について語るというイベントが開催されます。

音楽はたいして詳しくないが面白そうなので参加してみることにした。

キューバの作家さんが来るのでキューバのレコードがある人は持ってきてくれと言われたが、

持ってないのでインドの民族楽器シタールのカセットテープと宗教音楽のCDでも持って行こうと

思っていた。

しかし驚いたことにこのブログを書き始めた時に1枚だけアフロ・キューバンというジャズの

CDを持っていることを思い出した。

(普段ジャズを聴かないのでなぜそれを買ったのかは分からないが・・)

 

今からCD探して、もう少し制作して、日本酒を買って六本木に行きます。

では!

 

グループ展終わってしまいました

告知をしようと思っていたのにさっさとやらないから

銅夢版画工房によるシロタ画廊での「第18回銅夢版画展」先週の土曜日で終了してしまいました。

 

去年始めたばかりの僕が銅版画のグループ展に参加して大丈夫なのか少し不安でしたが、

壁に飾った時なかなか良い感じになっていると思えたし、お客様にも喜んで頂けたので良かったです。

指導して下さった先生方に感謝です。(・・若い時から素直に人の意見を聞くことが出来ていればとたまに思う)

 

そして今回68名120点の作品を見たことでとても刺激を受けました。

人の良いところをどんどん取り込んでより良い作品を作りたい。

次回はじっくり徹底的にやってやろう。

 

 

続きを読む

もともともと

来月にある第18回銅夢版画展という銅夢版画工房のグループ展にエッチング作品2点を出品する。

なので最近はそれを中心に制作を進めている。

銅版画のグループ展は初めてだし、会場は版画で有名なシロタ画廊ということなので結構ドキドキしている。

おまけに2点のうちの1点を先々週失敗した(調子に乗って腐蝕しまくっていたら画面が真っ黒くなり過ぎてしまったのだ。そこからでも立て直すことは出来るかも知れないが今の自分には技術的にも時間的にも難しいと判断し、そして先生にも判断された。)ので初めからやり直すことにした。


最初は同じ絵で再びと思ったが、仕上がりのイメージをより強く持ってみるとそもそも構図に無理があるような気がしてきたので結局ゼロから始めることにした。

デューラーの画集と北斎漫画を見ながら手を動かし、良いアイデアが出るのを待っていた。

出来れば先週中に出て欲しかったが、今日になってようやく良いアイデアが浮かんだ。

見せたいものをしっかり見せた上で、残された時間内にギリギリ間に合うぐらいの描き込み量のもので、自分が納得出来るもの。に何とかなりそうだ。

桜満開の中ジメジメと暗い作業部屋にこもっていた甲斐があったというものだ。

テンションが上がる。

上手くできるか楽しみだ。


「失敗は成功のもと」

誰が言った言葉かは知らないがとても素敵な言葉だ。

0 コメント

参加する面白さ

昨日は仕事終わりに銀座と六本木の画廊を数軒回ってから横浜のBankART Studio NYKで開催されたNeo Fluxusのハプニング・パフォーマンスを見に行った。


ギター、ベースにパーカッション、映像とラジオそして時を刻むパフォーマー。

開演し音が鳴り始めると「?」と「!」と「⁉︎」で会場は独特な雰囲気になった。


見ている時は音の中に自分がポツンと存在している感覚だった。

それが自ら参加し音を生み出すことで音が自分の内にあるのか外にあるのか分からなくなった。


自分が音になったようで不思議な気分になった。

0 コメント

中の中へ

<ここには面白いものが沢山あるぜ> ガツガツ

 

<ニャアニャアも、ここまでは来れまいて> ガツガツガツ

 

<今宵も自由を謳歌するのだ!> ガツガツガツガツガツ

 

<見よ、この強靭な歯を!全てを噛み砕いてみたいのだぁ!>

 

 

ドーーーーン!!

 

<うぉ、何事だ!>

 

ドーーン! ドーーン!

 

<下から不気味な音が響いてきやがる>

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!

 

<逃げろ、逃げろ。なんかやべぇぞ!>

 

<嫌だね。こんな素敵な楽園を捨てられるかって>

 

 

自然の声 「毎日うるせぇネズミだなぁ。おかげで電気が付かなくなったし、

      もう我慢ならん!」

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

今日は、仕事帰りにドラックストアーでネズミ退治グッズを見てきた。

殺鼠剤か忌避剤かで迷っている。

 

それとネズミからすれば、人間も、人間が作った様々なモノも、

全て自然の一部だ。殺鼠剤や忌避剤は理不尽な天災でしかないなと思った。

 

しかし縄張り争いも生命の本能だ。

やるしかないのだ。

 

ところが、1つ大きな問題がある。

彼らが喜びを謳歌する大地は、2階の床である1階の天井と

アトリエである地下室の壁、それらの中。

 

外側の世界と内側の世界を隔てている、

その壁の中へと立ち入ることは、容易ではないのだ。

 

薄いのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

現在、僕は

美術について。

 

ん!?となり

おっ、となり

クスッ、となる。

 

願望であり、自画像のようなもの。

 

そういうものでいいと考えている。

 

 

 

 

 

0 コメント

カミュそれから馬

実際、彼の唯一の仕事は、

偶然というものに機会を与えることであったが、

その偶然たるや刺激されねば動き出さぬという場合があまりにも多い。

 

                      カミュ「ペスト」より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、思いっきり最後のひと押しをしたら、

馬の作品が想像以上にうまくいき、

興奮してしまった。

 

そしてその勢いで現在「木とキリン」という作品を制作中。

 

今年の秋は、のんびりと美術館やギャラリーを回っていた。

そして作品制作より、考えをまとめることに時間を割いていた。

とてもいい時間だった。

 

気付くと、(いや正確には気付いていたのだが、なるべく考えないように

していた。考えると気が遠くなるので。)

年末、年始、来年、と展示の予定がぎっしり埋まってしまった。

 

だいぶ追い込まれてきたので、ガンガン制作に取りかかります。

 

自らの尻に鞭を打って。

 

0 コメント

募集

たとえ小さくとも約2000時間もの長い間、

僕らに明るさを与え続けてくれる

かわいく素敵な奴です。

 

どなたか引き取って頂けないでしょうか?

 

続きを読む 0 コメント

僕の作り方

作品制作時、動物の資料をしばしば用いる。

 

木製パネルの横に資料を置き、じっくり眺めて形を覚える。

 

そして、それを「無視」する。

 

とても愉快だ。

 

物事を拒否した瞬間、その一瞬に自由を感じる。

 

資料を見ては「無視する」を繰り返す。

僕が自由を感じているのだから、当然それは画面にも現れる。

 

しかし僕は根っからの否定的な人間なので、

無視するということも拒否しだす。

 

なので結果的には、ある程度の形を保つことになる。

 

資料の動物に似てるけど似ていない、変なものが出来たりすると

 

とても愉快だ。

 

以前読んだなんかの本に、熊谷守一さんは手紙が来ても名前も見ずに捨ててた

という話しがあった。

小心者の僕には、さすがにそこまでは出来ないが、

最近、パソコンのメールチェックをしないという行為にハマってる。

基本は3、4日。長くても一週間ぐらいだけど。

そんなことでも自由を感じるのだ。

 

ちなみに今日で3日目。

もし僕のパソコンに、メールを送られた方がいたら、

ごめんなさいね。

明日チェックしま〜す。

 

 

0 コメント