イラストの仕事

伊勢丹府中店の「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」という閉店セールのメインビジュアルと伊勢丹通信という広告のイラストを担当させて頂きました。


僕は美術家として毎年自分の作品を発表していますが、イラストレーターとして仕事を引き受けた経験はわずかです。

今回の話は伊勢丹府中店20周年のお祝いセールの時に描いた絵を気に入って下さった事から頂きました。


前回は一枚絵のようなものだったので1度描き上げて終わりでしたが、今回は伊勢丹府中店の建物のイラストをメインに、第4弾まであるセールに合わせ府中の街やイベントのイメージを入れて展開していくというものでした。


今まで描いたことのないモチーフばかりだし、

クライアントがイメージするものにある程度近づけなくてはいけません。そして何よりお客様にキチンと伝わるものにしなければならないので僕が引き受けて大丈夫かなと少し悩みましたが、店長さんや従業員さん達の閉店セールへの熱い思いを聞いて是非参加させて頂きたいと思いました。


参加を決めたからにはこれは描けませんあれは描けませんなどとは言えません。

相手が望むものでありながら自分の絵として納得出来るもの。それを常に意識しました。

そして覚悟を決めて「えいっ!」と描きました。


セールは先週7月17日(水)からスタートしたのですが、

お店の方々やそのお客様達から良い反応を頂いているとのことでホッとしました。

セールそのものも絶好調ということでとても良かったです。


先日の土曜日に早速伊勢丹府中店に行って来たのですが、お店の色々なところに自分の描いたイラストがあり興奮しました。

それとメインビジュアルの前で写真を撮る人を見た時は、色々な人の思いが乗ったものなのでとても嬉しかったです。


僕はこのプロジェクトに5月下旬から参加しました。

いま第4弾のイラストを描いているので僕の仕事はそろそろ終わりを迎えていますが、セールは始まったばかりです。

このまま9月30日の最終日まで良い感じで進んで行くことを心よりお祈りしております。


伊勢丹府中店の「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」を皆様どうぞよろしくお願い致します!


伊勢丹府中店

https://my.ebook5.net/isetanmitsukoshi/fuchu0724/



続きを読む 0 コメント

グループ展無事に終了しました。

西邑画廊さんでのグループ展「異形のものたち」が無事に終了しました。

会期中あまり在廊出来ませんでしたが、新しい出会いもあり良かったです。
そしてお客様や画廊のスタッフの方々、作家さん達と色々なお話が出来てとても勉強になったし楽しかったです。
今回学んだことを活かせるよう努力しようと思います。

そして展示をする度に色々な人達に支えられて活動が出来ているんだなと感謝の気持ちでいっぱいになります。
皆さまありがとうございます。

さて次の展示も迫っているし、ご注文を頂いている作品もあるのでなかなか気は休まりませんが、良い作品が出来るよう楽しく制作に向かいたいと思います。


では!

続きを読む 0 コメント

展覧会のお知らせ

西邑画廊東京支店での展覧会「異形のものたち」に参加します。

独特の世界観を持つ五名の作家による不思議な空間を楽しんで頂けると思います。

私は小作品数点とM50号(1,167×727mm)一点を展示する予定です。

お時間ございましたら、ご高覧を賜りますようお願い申し上げます。


ー異形のものたちー

2019年3月11日(月)~24日(日)会期中無休

開廊時間 10時~18時

出品作家 

霜鳥忍/柏木菜々子/竹原美也子/山下まゆみ/西谷拓磨


西邑画廊

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-10-5 花長ビル1階

http://nishimura-garo.com/

TEL.03-3278-1420 FAX.03-3278-1517

続きを読む 0 コメント

今年もよろしくお願いします。

書かなきゃと思いながらも年々ブログの更新が少なくなってきている。

読んで下さってる方々すみません。


新年一発目ということで今年の目標を書こうと思います。

それはずばり「次の個展では今までとは違ったもの、違ったことを発表する」です。


動物をモチーフにした作品はもう17、8年やってきたし、技法的にはこの4、5年絵の具を盛る作業をメインに発表してきました。

次の個展ではそれらから一度離れようと思います。


絵の具を盛る作風でようやく作品が少しずつだが人に認めてもらえるようになってきたので、もったいない気もするし怖さもあるのだが、作品が上手くなってきたことや過程を上手くこなす自分がなんだか嫌になってきてしまった。


上手く形にしたい自分と思いっきりぶち壊してやりたい自分が常にいる。

こう言葉にすると上手くやる自分が「善」で、ぶち壊す自分が「悪」という感じに見えてくるから不思議だ。

そしてどちらか一方を選ばなきゃいけないような気がしてくる。(そして選ぶとすれば正しく思える善が多い。悪は間違っているように思えるし、胸も痛む。)


でも僕は「善」「悪」などどちらかを選ぶその前の段階が気になっているのだ。

身体は1つなのに上手くやりたい自分とぶち壊したい自分の2人の自分が僕の頭の中にいる。

いつだって2人の自分が会話をしてどうするかを決めているのだ。

もっと詳しく言えば上手くやりたい自分の中にも無数の僕がいて、ぶち壊したい自分の中にも無数の僕がいる。

無数の小さな僕が、2人の僕を作り、2人の僕が僕の身体という1番大きな僕を動かす。そんな気がしている。


そしてバランス良くやろうと2人の僕が結論を出した。

ぶち壊したい僕も制作がしたいのだ。


なので次の個展ではぶち壊したい僕にその機会を与えることにした。

そしてグループ展は今まで通り上手くやりたい僕に任せることに。


ということで僕は僕がやりたい事を全部やることになった。


今年も大変そうだ。

というか先月からその同時進行をはじめたので既に大変だ。

1番大きな僕は新年早々疲れているが2人の僕はとても楽しんでいる。


そして皆さま、こんなブログにお付き合い頂きありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


0 コメント

グループ展に参加します

続きを読む

中の中へ

<ここには面白いものが沢山あるぜ> ガツガツ

 

<ニャアニャアも、ここまでは来れまいて> ガツガツガツ

 

<今宵も自由を謳歌するのだ!> ガツガツガツガツガツ

 

<見よ、この強靭な歯を!全てを噛み砕いてみたいのだぁ!>

 

 

ドーーーーン!!

 

<うぉ、何事だ!>

 

ドーーン! ドーーン!

 

<下から不気味な音が響いてきやがる>

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!

 

<逃げろ、逃げろ。なんかやべぇぞ!>

 

<嫌だね。こんな素敵な楽園を捨てられるかって>

 

 

自然の声 「毎日うるせぇネズミだなぁ。おかげで電気が付かなくなったし、

      もう我慢ならん!」

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

今日は、仕事帰りにドラックストアーでネズミ退治グッズを見てきた。

殺鼠剤か忌避剤かで迷っている。

 

それとネズミからすれば、人間も、人間が作った様々なモノも、

全て自然の一部だ。殺鼠剤や忌避剤は理不尽な天災でしかないなと思った。

 

しかし縄張り争いも生命の本能だ。

やるしかないのだ。

 

ところが、1つ大きな問題がある。

彼らが喜びを謳歌する大地は、2階の床である1階の天井と

アトリエである地下室の壁、それらの中。

 

外側の世界と内側の世界を隔てている、

その壁の中へと立ち入ることは、容易ではないのだ。

 

薄いのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

現在、僕は

美術について。

 

ん!?となり

おっ、となり

クスッ、となる。

 

願望であり、自画像のようなもの。

 

そういうものでいいと考えている。

 

 

 

 

 

0 コメント

カミュそれから馬

実際、彼の唯一の仕事は、

偶然というものに機会を与えることであったが、

その偶然たるや刺激されねば動き出さぬという場合があまりにも多い。

 

                      カミュ「ペスト」より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、思いっきり最後のひと押しをしたら、

馬の作品が想像以上にうまくいき、

興奮してしまった。

 

そしてその勢いで現在「木とキリン」という作品を制作中。

 

今年の秋は、のんびりと美術館やギャラリーを回っていた。

そして作品制作より、考えをまとめることに時間を割いていた。

とてもいい時間だった。

 

気付くと、(いや正確には気付いていたのだが、なるべく考えないように

していた。考えると気が遠くなるので。)

年末、年始、来年、と展示の予定がぎっしり埋まってしまった。

 

だいぶ追い込まれてきたので、ガンガン制作に取りかかります。

 

自らの尻に鞭を打って。

 

0 コメント

募集

たとえ小さくとも約2000時間もの長い間、

僕らに明るさを与え続けてくれる

かわいく素敵な奴です。

 

どなたか引き取って頂けないでしょうか?

 

続きを読む 0 コメント

僕の作り方

作品制作時、動物の資料をしばしば用いる。

 

木製パネルの横に資料を置き、じっくり眺めて形を覚える。

 

そして、それを「無視」する。

 

とても愉快だ。

 

物事を拒否した瞬間、その一瞬に自由を感じる。

 

資料を見ては「無視する」を繰り返す。

僕が自由を感じているのだから、当然それは画面にも現れる。

 

しかし僕は根っからの否定的な人間なので、

無視するということも拒否しだす。

 

なので結果的には、ある程度の形を保つことになる。

 

資料の動物に似てるけど似ていない、変なものが出来たりすると

 

とても愉快だ。

 

以前読んだなんかの本に、熊谷守一さんは手紙が来ても名前も見ずに捨ててた

という話しがあった。

小心者の僕には、さすがにそこまでは出来ないが、

最近、パソコンのメールチェックをしないという行為にハマってる。

基本は3、4日。長くても一週間ぐらいだけど。

そんなことでも自由を感じるのだ。

 

ちなみに今日で3日目。

もし僕のパソコンに、メールを送られた方がいたら、

ごめんなさいね。

明日チェックしま〜す。

 

 

0 コメント